『アティ・ルッドラ大供犠祭』 講話と講演集
5ee31a2a4268b65a04622cac 5ee31a2a4268b65a04622cac

『アティ・ルッドラ大供犠祭』 講話と講演集

¥1,980

¥1,683 税込

15%OFF

送料についてはこちら

2006年8月にバガヴァン シュリ サティヤ サイババの御前で11日間にわたって行われた、世界の幸福のための歴史的大供犠祭、「アティ ルッドラ マハー ヤグニャ」期間に行われたすべての御講話と、儀式の主催者や高僧、ヴェーダ学者やサンスクリット学者、著名な帰依者らによるすべての講演を収録。シヴァ神へ向けた「ルッドラム」マントラやヤグニャの深遠な意味などが詳細に解説されている。 サティヤ サイババ 他 述/サティヤ サイ出版協会 訳 定価 1,800円+税  ISBN 978-4-916138-17-0 単行本:A5版373頁  発売日:2009年3月21日 【もくじ】 序文 日本語版によせて 講話  1 2006年8月9日、ヤグニャ開会式     アティ・ルッドラ大供儀祭は人間の神聖な性質を育む  2 2006年8月10日、ヤグニャ1日目     神聖な仲間は心の浄化と至福を与える  3 2006年8月11日、ヤグニャ2日目     絶えず神を黙想し、神に到達せよ  4 2006年8月12日、ヤグニャ3日目     荷物を減らして、もっともっと神を愛しなさい  5 2006年8月13日、ヤグニャ4日目     人間性を育てて社会の模範となりなさい  6 2006年8月14日、ヤグニャ5日目     自分は神の一部と考えよ  7 2006年8月15日、ヤグニャ6日目     誰も自分の行為の結果から逃れられない  8 2006年8月16日、ヤグニャ7日目     富ではなく平安を欲しなさい  9 2006年8月18日、ヤグニャ9日目     体と自己同一視を捨て、神への執着を育てよ 10 2006年8月19日、ヤグニャ10日目 ヤグニャとヴェーダは全世界のためにある 講演  1 アティ・ルッドラ大供儀祭の紹介       シュリ・ヴィナイ・クマール  2 アティ・ルッドラ大供儀祭 青年のための機会      シュリ・D・ラクシュミーナーラーヤナ  3 アティ・ルッドラ大供儀祭の詳細      シュリ・B・S・ナンジュンダ・ディクシット  4 アティ・ルッドラ大供儀祭の評価      シュリ・N・シュリカンタ・ラーオ  5 シヴァ神の化身、ダクシナームールティ      シュリ・K・G・スッバラヤ・シャルマ  6 内的供儀としてのルッドラ神へのマントラ      カシヤップ博士  7 青年とアティ・ルッドラ大供儀祭り       シュリ・S・V・ギリ  8 シヴァ神、象徴的な神      グルラージ・カルジャギ博士  9 社会のおけるサイ・ユースの役割      シュリ・V・シュリーニヴァーサン  10 インドの世紀におけるシュリ・サティヤ・サイ      N・S・ラーマスワーミ教授  11 サイ・シヴァの栄光       イーシュワラン博士  12 アティ・ルッドラ大供儀祭の意義      シュリ・ニルバーヤーナンダ・サラスワティー  13  ヤグニャ―ースワミから青年への要望      シュリ・クリシェン・バガヴァッド  14  自己探求      シュリ・サンジャイ・マハーリンガム  15 シヴァム ブートワー、シヴァム バジェート      N・ゴーパーラクリシュナン博士  16  人類への奉仕が真のヤグニャ      シュリ・アジット・ポパット  17  アティ・ルッドラ大供儀祭とダクシナームールティの栄光と意義      シュリ・S・V・ギリ  18  サイ・ユースの旅路      シュリ・グンランジャン・ペッマラージュ  19  スワミとの体験      シュリーマト・ショウカール。ジャーナキ  20  聖なる祝福とスワミ      シュリーマト・アンジャリ・デーヴィー  21 母なるサイ      シュリ・B・N・ナラシマ・ムルティ  22 スワミとアティ・ルッドラ大供儀祭      シュリ・ヴィナイ・クマール 日本語版付録「アティ・ルッドラ大供儀祭の詳細」 。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆ 【関連アイテム】 『シュリ サティヤ サイババ 2009-2010年講話集』 https://saibababookstore.com/items/5ee31a294268b65a04622ca5 『シュリ サティヤ サイババ 2006年講話集』 https://saibababookstore.com/items/5ee31a2a4268b65a04622ca9 。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆